融資保証金詐欺

振り込め詐欺の手口には様々なものがありますが、その中の一つに「融資保証金詐欺」と呼ばれるものがあります。
この詐欺の手口は、まず正規の業者を装って「簡単審査で低金利!」「担保不要で誰でも融資が受けられます!」など、目を引くような内容で電話やハガキ、ダイレクトメール、新聞の折込チラシなどで融資を持ちかけます。そして、融資を申し込んできた者に対して「保証金」「紹介料」「登録料」など、様々な名目で支払いを要求して金銭を振り込ませ、融資の方は全くせずに連絡を断ち切ります。融資を申し込んだ者は金銭を騙し取られたことになり、騙しとった側は連絡先を変更したり、行方をくらますことがあるため、取り戻そうとしても容易にはいきません。
正規の金融業者は、ハガキやダイレクトメールなどで融資の誘いをしたり、融資の前に金銭を要求することはありません。また、正規の金融業者は融資を行う前の審査で、必ず本人確認や収入確認ができる書類の提出を求めます。そのため、電話やメールで申し込むだけで融資を行うことはありません。金融業者をかたる者がこれらの行為を行っているのであれば、騙し取る目的があると考えられます。
もし、金銭を騙し取られてしまった場合は、ハガキやダイレクトメールなどの資料、相手とのやり取りが書かれたメモ、振り込み伝票などを携えて警察署に情報提供を兼ねて相談を行い、被害届を出してもらいましょう。また、振り込め詐欺の被害を受けた場合は「振り込め詐欺救済法」に基づいて被害額が一部また全部返還が受けられる可能性があるので、必ず振り込み先の金融機関にも相談しましょう。

Comments are closed.