振り込め詐欺とその救済について

平成20年6月21日に振り込め詐欺救済法という法律が施工されました。
これは、詐欺等の犯罪により金融機関の口座に振り込まれ滞留している犯罪被害金を被害にあってしまった人に対して被害金を支払う手続きを金融機関側が行うということを定めた法律です。
この法律によって振り込まれた犯罪利用口座(詐欺や闇金融などの犯罪で利用された口座のことです)を預金保険機構のホームページで公告されます。
被害にあった金額は必ず全額返ってくるわけではありません。犯罪口座に残っている残高と同じ被害にあった被害者のかたの人数で変わります。例えば、被害人数が一人の場合は全額支払いとなりますが、複数いるといます。被害額が100万で口座にまだ100万滞留している場合は被害人数によって支払われる金額が変わります。例えば4人いたとすると4人全員が申請をあげていた場合は20万支払われます。つまり、残高を被害にあった人数で割るということです。
救済金の支払い期間は、犯罪口座の名義の権利剥奪等の作業で60日以上、支払い金額を決める等の作業で30日以上かかるで少なくても90日以上はかかるのですぐに返ってくるわけではないので注意です。
犯罪にあったら、すぐに金融機関に連絡します。手続きには申請書、本人確認書類、振り込みの事実を確認出来る資料が必要になります。金融機関に電話した際に一緒に確認するといいです。

Comments are closed.