不動産ファンド

ファンドとは、投資家から資金を集め、収益を出資額に応じて分配をするものです。 不動産を投資の対象として、資金を集めることから不動産ファンドと呼ばれています。 その仕組みは、投資家から集めた資金でビルを購入し、テナントから集めた家賃収入で、収益を分配する方法と、ビルを売却した収益で、差額の儲けを投資家に分配する2つの収益を確保する方法があります。 ビルを確保して、家賃収入から収益を得る方法をインカムゲインといい、ビルを売却した差益で収益を得る方法はキャピタルゲインといわれています。勿論、思惑通りに収益が得られるわけではなく、損失をすることもあります。 このファンドの特徴としては、不特定の投資家より、多額の資金を集めることが出来ることです。 資金集めを可能にしているのは、専門的な知識を必要とすることなく、多額の収益が期待できるからです。 資金集めの方法としては、公募型ファンドと、私募型ファンドがあります。 公募型とは、株式と同じように証券会社を通して集める方法であり、不特定多数の投資家より資金集めが可能となります。 一方私募型とは、公募型のように不特定多数の投資家より資金を集めるのではなく、少数の限定されたプロの投資家により運営されますので、プライベートファンドとよばれます。ドリンク01

Comments are closed.