架空請求詐欺

ある時、突然公共の機関と思われる所からハガキがきて、未納金があるから何日以内に支払うよう督促分が記入されていた。
それを見た家族は動転し、急ぎお金を振り込んでしまったが、後でこれは詐欺だということが分かりました。
これは架空請求詐欺といわれるもので、ありもしない架空のお金をでっち上げて請求するものです。
公共の機関と紛らわしい名称を使用したり、アダルトのような所からくるのが多く、動転させて、家族にも相談出来ないような雰囲気に追い込んでお金を振り込ませます。
冷静になって考えれば分かるのですが、会社名が記載されていない文面もありますし、公共の機関からのハガキと勘違いされるみたいです。
一度振り込んだり、相手に連絡を余計に追い込まれる危険性がありますので、従来は無視することでありましたが、最近は無視できないものが出てきております。
架空請求を無視した男性に対して、出会い系サイトが少額訴訟で、簡易裁判所に訴えたからです。
業者は何故、少額訴訟に持ち込んだかといいますと、呼び出し状の注意書きには、このまま放置していると給料や財産の差し押さ等がされると記入されています。この文面を逆手に取ったものです。
勿論、支払う必要はありませんが、受け取った本人は混乱しますので、業者はそこを狙っているのです。
どちらにしても、不審な手紙がきたら、一人で抱え込まないで、家族や警察・消費者センターに相談することです。

Comments are closed.