還付金等詐欺

還付金等詐欺とは、税務署や社会保険事務所、市区町村の職員を装って、「税金を還付します。」とか、「社会保険料の未払い分があるので支払います。」などと電話で伝え、金融機関やコンビニのATMに誘導し、還付金を受け取る手続きをするとだまして、振り込みをさせる詐欺です。特にお年寄りが狙われることが多く、最近急増している手口です。
この詐欺を防止するためには、「ATMに行ってください。」といわれたら、必ず家族や警察に相談することです。税務署や社会保険事務所、市区町村の職員はこのようなATMの操作をさせることはありません。詐欺と疑うようにしましょう。
また、万一の場合に備えて、一日に利用できる限度額を低めに設定しておきましょう。狙われやすい高齢者に対して、家族が引き下げをするようにすすめましょう。
ATMに行く際には、必ず携帯電話が必要になりますので、携帯電話を所持していない旨を告げましょう。
数年前から、これも振り込め詐欺の一つとしての扱いになりました。被害額も数十億円と多額であり、増加の傾向にあります。そういった被害にあわないようにするためにも、日頃から家族に何でも話しができる、相談できる環境を作っておくことが大切です。
トマト

Comments are closed.